リフォームのポイント

1.リフォーム中も家に住むことは可能ですか?

リフォーム工事【工事中】
1.リフォーム中も家に住むことは可能ですか?
部分的なリフォームであれば、工事中もリフォーム部分を除く居住スペースの中でいつも通り生活していただくことができます。
しかし、大きなリフォーム工事を行う際には一時的に賃貸物件を利用することがお勧めです。
借り住まいにはアパート、マンスリーマンション、ホテル等があります。
下記にそれぞれの特徴をまとめて記載しているので、ぜひ参考にしてみてください。

【アパート】
*メリット
・それぞれの生活状況に応じて部屋を選ぶことができる
・費用を安く抑えることができる
*デメリット
・契約金がかかる
・契約期間が決められている

アパート・賃貸マンションは、家族構成や荷物(家具等)の量に応じて、お客様に合ったお部屋をお選びいただけます。契約金がかかったり契約期間が決められていたりと多少の制限はありますが、月々の家賃はマンスリーマンション等に比べて安く設定されているケースが多いので、水道光熱費等を含めても比較的費用を低く抑えられるメリットがあります。

【マンスリーマンション】
*メリット
・入居時の契約金が安く設定されている
・家具・家電があらかじめ備え付けられている
*デメリット
・他の賃貸に比べ月々の家賃が高い
・家具・家電を置くスペースがない
・家族同室で暮らせる物件が少ない

マンスリーマンションは、入居時の契約金が安く設定されているというメリットがありますが、月々の家賃はアパートや賃貸マンションに比べ高い場合が多くなっています。
マンスリーマンションは、ビジネスマンの出張時向けのものなので、家電などはあらかじめ揃っています。しかし、そのために家具・家電を置くスペースがなく、その間貸しコンテナやトランクルームなどで家具や家電を預けなくてはならないので、その分費用がかかってしまいます。また、家族同室で暮らせる物件が少なく、2室以上借りなければならないこともあります。

【ホテル】
*メリット
・部屋が快適なので短期間の仮住まいとしては適している
*デメリット
・1泊あたりの料金が高い

ホテルは一泊当たりの料金が高く、家具家電をおくスペースもありません。短期間の仮住まいとしては向いていますが、工事期間が長い場合は不向きといえます。

上記のように、一口に仮住まいといってもそれぞれに特徴があることがわかります。
仮住まいとして何を選択するか判断するポイントはやはり「工事期間の長さ」にあると言うことができるでしょう。従って、リフォームを行う際には工事期間が確定したら早めに仮住まい先を決められるよう、あらかじめ複数の選択肢を用意しておくことをオススメします。
ご自身で仮住まい先を探すことが困難な場合は仮住まいの紹介を依頼することも可能です。
リフォーム業者が仮住まいの斡旋を行っているケースもあるため、業者選定時にあらかじめ工事中の仮住まいについても確認しておく必要があるでしょう。
小冊子プレゼントに申込む
お見積・相談をする
近くのお店をさがす

リフォームのポイント

  • 失敗しないリフォーム会社の選び方

  • リフォームの流れ

  • リフォームのタイミング

  • リフォーム時の相見積りは3社以上から取りましょう

  • リフォームの費用

  • リフォームでよくある失敗

  • 教えてリフォームQ&A
  • 部位別リフォームのポイント


リフォームサービス提供エリア

北海道 | 青森県 | 岩手県 | 宮城県 | 秋田県 | 福島県 | 茨城県 | 栃木県 | 群馬県 | 埼玉県 | 千葉県 | 東京都 | 神奈川県 | 新潟県 | 富山県 | 石川県 | 長野県 | 岐阜県 | 静岡県 | 愛知県 | 三重県 | 滋賀県 | 京都府 | 大阪府 | 兵庫県 | 奈良県 | 和歌山県 | 鳥取県 | 岡山県 | 広島県 | 山口県 | 香川県 | 愛媛県 | 福岡県 | 佐賀県 | 長崎県 | 熊本県 | 大分県 | 鹿児島県 | 沖縄県

小冊子プレゼントに申込む お見積・相談をする 近くのお店をさがす